花火大会翌日の清掃ボランティア(2017)

今年も、台風接近の中ではありましたが、8月6日(日)に、筑後川花火大会翌日の早朝清掃を実施しました。

今年で16回目となる清掃活動は、地域の皆様にもしっかり覚えて頂いており、ここで待っていればキューセツのトラックが回って来てくれる、と、他ボランティア団体の方と協力しながら行うまでになりました。

時折強い風が吹く中ではありましたが、まだ薄暗い中を出発し、鮮やかなピンクのTシャツが目にもまぶしく、清々しい気持ちで清掃活動を行うことができました。

来年は創業30周年の節目の年となります。大きな花火を打ち上げて、ますます元気に清掃活動が実施できる様、本業でもしっかり頑張ってまいります!!

集合写真社長挨拶集合2集合清掃2清掃3清掃5清掃4清掃1

筑後川花火大会翌日の清掃ボランティア(8月上旬)

久留米市において毎年8月5日に行われる「筑後川花火大会」は、久留米藩2代藩主有馬忠頼公によって、水天宮落成祝賀にあたって水天宮奉納花火として始まり、350年以上の歴史を持つ花火大会。
この花火大会の翌日に行われる清掃活動に、平成14年に企業として初めて参加。
それ以降毎年参加し、平成23年には、10回目の参加となりました。